*

【城ドラ日記】#2:高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんな

公開日: : 最終更新日:2016/02/02 城ドラ日記

城とドラゴンとおじさんの出会い

おじさんは、ゲームアプリを1年で1000タイトルほどダウンロードして、アンインストールするようなお仕事をしております。

iPhoneに残してしばらく遊び続けるのは、10タイトルぐらいでしょうか。

その中の1タイトルが『城とドラゴン』(以下、城ドラ)

しばらくどころか、1年近く、しかも毎日遊んでおります。

それでは、その時の紹介文を見てみましょう。

■紹介リンク:新作iPhone/Androidアプリをテキトーに紹介!城とドラゴン/放置勇者など5本!(2/5)

あぷまがオススメ度は「4.5点」

いわゆる「基本無料+課金」のゲームには、満点の5点はつけないので、実質最高得点です。

一目惚れですな。

そしてずっと片思い。

「あぷまがはなぜ、城ドラに恋し続けるのか?」

おじさんの恋心なんて、誰も興味ないでしょうが分析してみました。

 

城ドラの魅力

城ドラの大きな魅力は2点。

「バトル」と「育成」

それを支える細かい魅力が3点。

「デザイン」と「音」と「仲間」

もっと色々ありますが、そんなにたくさんブログを書くのは面倒くさいので、この5点についてお話しさせてください。

まずは「バトル」

城ドラの「ジャンル」を、とてもわかりにくい感じで書くと。

「タワーディフェンスゲーム」「リアルタイム対戦ストラテジー」です。

わけがわからないですよね。

Screen_Shot_2016-01-22_at_17_19_25

こちら、「ジャパニーズタワーディフェンスゲーム」として、だいたいの方がご存知の大人気ゲーム『にゃんこ大戦争』

右側があなた。左側がライバル(COM)

それぞれの「基地」から「キャラクター」を召喚します。

すると、てくてくと相手側の城へ進行。

キャラ同士がぶつかるとバトル発生。

Screen_Shot_2016-01-22_at_17_20_14

最終的に、ライバルのお城をつぶしちゃえば勝利。

これがいわゆる「タワーディフェンスゲーム」

 

Screen Shot 2016-01-26 at 11.36.10

こちら城ドラの画面。

左の城があなた。右の城がライバル。

Screen-Shot-2015-02-05-at-9.34.09

城の前に、キャラクターを召喚。

すると、右へ右へと勝手に進んでいきます。

「にゃんこ大戦争」と違って、「奥行き」があるのがおわかりいただけるでしょうか。

Screen-Shot-2015-02-05-at-9_34_09

矢印を追加すると、こんな感じ。

当然、右側からライバルが攻めてきます。

Screen-Shot-2015-02-05-at-9.34.33 2

すると、戦場の中央付近でお互いのキャラがぶつかりあい、バトルスタート。

Screen-Shot-2015-02-05-at-9_34_33

矢印を追加すると、こんな感じ。

一本道ではなく、複数ラインを同時に見ないといけないのです。

しかも相手はCOMじゃなくて、オンラインの向こうにいる、会ったことない人間様です。

何考えてるかわかりません。下半身丸出しでプレイしているかもしれません。

それに対応しないといけません。

どうですか?

大変そうでしょ?

はい、大変です。

Screen-Shot-2015-02-05-at-9_34_33_2

しかも、キャラクターごとに「動き」や「攻撃方法」が変わります。

右側から攻めている、緑色の鳥(ワイバーン)は、空からの攻撃なので、通常の攻撃を当てることができません。

Screen-Shot-2015-02-05-at-9_34_09 2

なんだったら、先ほどのゲーム画面の、茶色いでっかいキャラ(ゴーレム)は、右へ右へ進まず、城前で戦況を見守り続けます。

ゴールキーパーみたいな感じ。

現在、46体いるキャラの動きや、攻撃方法、そしてキャラクター同士の「相性」など含めると、覚えないといけないことは腐るほどあります。

どうですか?

大変そうでしょ?

はい、大変です。

でもね。

Screen Shot 2016-01-25 at 18.42.06

大変だから、勝った時に嬉しいんでしょ?

すべり止めの学校受かった時より、本命の学校受かった方が嬉しいでしょう?

それは、本命の方がだいたい大変だからでしょ?

「高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんな」

と、あの国民的人気歌手ミスターチルドレンも、難しい顔しながら歌っております。

それにね。

負けても楽しいです。

もちろん、悔しいですけど。

城ドラは、自分のバトルを確認できる「リプレイモード」が用意されております。

それをみながら、

「あーココはこうだったなー」

「あーココはうまくいったなー」

「あーそもそもこの相手は無理だー」

なんて、感想戦を脳内でやるのがまた楽しいんです。

そして、「ここが弱点だから、このキャラを育てよう!」

という、未来予想図を描きます。

この妄想がまた楽しいんです。ハイ。

「勝って嬉しい 負けて楽しい 城とドラゴン」

まだまだ語り足りませんが、長くなっちゃったので、なんかいい感じのキャッチコピーを書いて、バトル編はとりあえず〆させていただきます。

次回「育成編」、おヒマならおつきあいくださいませ。

 

人気の実況プレイ動画はこちら

 

imgmain_battlecat

現在、人気アプリ『にゃんこ大戦争』とコラボ中!(2017年1月28日まで)

ダウンロードは下記ボタンからどうぞ!

abgb2

follow us in feedly



  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

1

【城ドラ日記】#1:「ドラゴンボール」で神龍がでてきたのは19話目で意外に早い

「◯◯と◯◯」から連想するもの ■アニメ『トムとジェリー』 見たことが無くても「トムとジェリ

記事を読む

Screen Shot 2017-03-20 at 8.48.50
新作無料iPhone/Androidアプリをざっくりとあっさりと驚くほどテキトーに6本ほど紹介!(3/19)

自称「アプリランキング評論家」が、 新着アプリをテキトーに遊んでダラ

Screen Shot 2017-03-20 at 8.56.50
新作無料iPhone/Androidアプリをざっくりとあっさりと驚くほどテキトーに6本ほど紹介!(3/18)

自称「アプリランキング評論家」が、 新着アプリをテキトーに遊んでダラ

Screen Shot 2017-03-12 at 15.03.01
新作無料iPhone/Androidアプリをざっくりとあっさりと驚くほどテキトーに6本ほど紹介!(3/12)

自称「アプリランキング評論家」が、 新着アプリをテキトーに遊んでダラ

Screen Shot 2017-03-12 at 12.01.35
新作無料iPhone/Androidアプリをざっくりとあっさりと驚くほどテキトーに6本ほど紹介!(3/11)

自称「アプリランキング評論家」が、 新着アプリをテキトーに遊んでダラ

Screen Shot 2017-03-04 at 14.11.30
新作無料iPhone/Androidアプリをざっくりとあっさりと驚くほどテキトーに6本ほど紹介!(3/4)

自称「アプリランキング評論家」が、 新着アプリをテキトーに遊んでダラ

→もっと見る

  • ■攻略サイト
    AppGames

    ■レビューサイト
    AppLink

    ゲームキャスト

    Axcel Games

    Appon!

    ■アプリメーカーサイト
    ラッキーゲームス

    IT和尚

    Studio Loupe

    あつまれキャッティ

PAGE TOP ↑